大阪の女

先日 日本映画チャンネルで「大阪の女」という映画を見た。
昭和33年の映画で新世界近くの芸人達が住む町での物語。
役者さんは、中村鴈治郎 京マチ子 平和ラッパ ミス ハワイ かしまし娘など
事件は、いろいろ起こりますが、なにかほほえましい物語でした。
平和ラッパて久しぶりにみましたが、今あんな人おりません。インパクト大。
それと中村鴈治郎のしゃべりがいいです、きれいな関西弁で・・・・・最近あまり
聞かなくなりましたね。
昔の女優さんで、浪花千栄子さんておられましたが、あの人の言葉もきれいでした。
2年ぐらい前に買った古本で 「水のように」   この本は、浪花千栄子さんが、
書かれた自伝的な本です、これを読むと、まだまだ勉強しなあかんなーと思うのです。
この人は、京都の嵐山で料理屋さんをされてました、幼少のころ父につれていかれ、
一度だけ、会った記憶があります、子供心にすごく緊張したことをおぼえています。
この本を買った本屋さんは、大阪 天神橋6丁目の ワイルドバンチというお店。
基本的には古本屋さんですが、映画関係の本が多くたまにライブや展覧会もされてます。
お酒や珈琲もいただけますよ。
もう1人好きな関西人は、随筆家の岡部伊都子さん 最近亡くなられとても残念でしたが、
この人の文章も、上品で素敵でしたねー!数年前まであったフリーペーパーに
花形文化通信というのがありまして、96年の5月号に岡部さんのインタビューが、
載っています、この号には、僕も KOUMUTEN橋本というペンネームで文章
書いておりました。同じ紙面に載れてとてもうれしかったのを思い出しました。

こないだ呑みすぎて朝4時すぎに目が覚めた、ちょうど夜と朝のあいだの時間帯
空がとても美しかったので携帯で撮影。電線写ってます。
b0137082_20205464.jpg

夜と朝の間に  ピーターの歌思い出しました。古い。
[PR]
by smilycuda | 2008-05-20 20:29 | 映画 | Comments(4)
Commented by ミモザ at 2008-05-20 23:58 x
事務所のスタッフ?玉井と杉本  こんな風に呼ばれた猫は、どんな顔をするんだろうか と思っていましたが、今日の日記も、心に沁みますなぁ
Commented by smilycuda at 2008-05-21 09:03
ミモザさん 自宅におります猫 黒木は、黒木と呼ぶと返事しますが、
玉井 杉本は、いまいち反応ありません。
Commented by ふじゆみ at 2008-05-24 05:01 x
岡部伊都子さん亡くなりはったなんて・・・それもこんなブログでしるなんて。。。
Commented by smilycuda at 2008-05-24 09:13
ふじゆみさん こんなんて! こんなんですけど。はいはい
こんなんです。
<< WARREN ZEVON 猫の時間 >>