シェ・ドゥーヴル

豊中の住宅の浴室やテラスのタイルを再検討する為にショールームに行く。
候補のタイル。フローリングは、廊下に使用を検討。
b0137082_11474181.jpg


ショールームの近くのシェ・ドゥーヴルへ行く。
ギャラリーカフェ  最近 友達の小松君が展覧会をした所です。
b0137082_11512141.jpg


b0137082_11514313.jpg


今回の作家さんは、陶器の作家さんでした。
構成が、写真家Luigi ghirriの作品で「モランディのアトリエ」の中に出てくる写真の
ようでよかったです。

そのカフェの近くにたまに行く靴屋さんがある。
バーゲンであった・・・僕は足が大きい・・・サイズが合うのを見つけると無理をして
買ってしまう。写真です・・・DINO BIGIONIというイタリアのメーカーです。
こんな形ばかり買ってしまいます。
b0137082_126274.jpg


奥の板は、豊中の住宅で使う階段材 イロコという木です。
本は、アメリカ在住の友人が送ってくれたモパー関連の雑誌やマッスル本。
その本の中から64年のチャージャーのショーカー。
b0137082_1239095.jpg



南部の音楽紹介。70年代からがんばっておられる人や最近の人まで・・・
b0137082_12105532.jpg


上からジョエル・ゾス
75年以来の2作目 ほんわかあり 渋いあり 味あります。
ドニー・フリッツ バッキングは、トニー・ジョ・ホワイト スコット・ボイヤー
ソウルフルあり・・
現在 がんばっているデレック・トラックス
最近元旦那が亡くなったボニー・ブラムレット プロデュースはジョニー・サンドリン
落着いた感じで・・・

今日で14年前になりますか・・・
父と一緒に父の知人の安否を確認しに芦屋に行ったのを思い出します。
そのお家は、全壊でした。
猫だけがいました。
b0137082_12231428.jpg


そういえば昨日 駅から事務所まで歩いて帰る途中でした・・・
歩道橋を渡っていると前から階段を登ってくる小さいやつ、猫でした・・・
すれちがう・・・
なにか不思議な感じでした。
[PR]
by smilycuda | 2009-01-17 12:34 | 日常 | Comments(7)
Commented by musk at 2009-01-17 14:49 x
ちょっと行ってみたいです。
このカフェ。

あ、今日は1月17日ですね。
昨日までちゃんと覚えてたのに……。
ダメですね…。


すれ違った猫、数年後、社員です。きっと。(笑)
Commented by smilycuda at 2009-01-17 15:26
muskさん
行く時言って下さい。
場所 説明します。
社員ですか・・面接でしたか?昨日は・・
Commented by cucchi3141 at 2009-01-17 21:15
ドニー・フリッツは懐かしいです。『Prone To Lean』ですね。
ジョエル・ゾスも。アリスタでしたか(?)1st持っています。今度が2ndですか・・・
ボニー・ブラムレット・・・アメリカの典型的おばちゃんになったのが哀しい。若い頃は無茶苦茶格好よかったですから。

もう14年ですか。◎◎の親族の多くが罹災しました。半壊が何軒か。
すぐに駆けつけられなかったことをいまでも悔やんでいます。
結局、向こうの親族からも縁を切られたわけですけど・・・(-_-;)
Commented by nakamura at 2009-01-20 18:45 x
シェ・ドゥーヴル!
私も以前tanakaさんと行きました。
お店の雰囲気も素敵ですが、お料理もすごく美味しいですよね。

タイルきれいですね。ADVANでしょうか?

Commented by smilycuda at 2009-01-21 14:06
nakamuraさん
お料理 食べてないです。
今度チャレンジします。
タイルは、名古屋モザイクさんです。
あの日は、平田タイル・ダントーのショールームに行きました。
Commented by mayumi at 2009-01-21 22:51 x
すべてが素敵ですね☆
Commented by smilycuda at 2009-01-22 09:12
mayumiさん
がんばります!
ありがとうございます。
<< 事務所一階改装 豊中の現場 >>