<   2008年 05月 ( 16 )   > この月の画像一覧

エイモス ギャレット

エイモス ギャレットの新譜を買いました、パーシー メイフィールドのトリュビュートです。
ふんわりしてきました、屋根にのぼって夕日を見ながらビールを飲みたい気分に
なります。去年、見た彼のライブもよかったなー。今度 来日するジェフ マルダーは、
どうしようか!会場だけで販売するCDが、あるらしい75年にコーネル デュープリーや
バーナード バーディーらがメンバーらしい。あー聴きたい。
写真のエイモスのジャケットの横にあるのは、昨日買ったネクタイです。
BLACKBARRETTというブランドで首の後でぽちっとはめるタイプ
ネクタイはループ状になっている細身なやつです。b0137082_19222124.jpg


美術のお話
今 東京の松下電工汐留ミュージアムで「アール・ブリュット 交差する魂」という展覧会しています。
スイスのアールブリュットコレクションと日本のアウトサイダーアートのコラボレーション。
数年前にされた世田谷美術館のアウトサイダーアート展の方が、個人的には好きかな。
今回のは、緻密なのが多そうで何か怖いです。
京都の亀岡にあります障害者の施設でみずのき寮というところがあります、
友達が、ここで絵を教えています、彼らの絵を初めて見たときは、鳥肌がたちました。
伝わってくるものが、すごすぎて!世田谷のときには、何点か出展してたと思います。
日本よりか、海外のほうが認められてるみたいですが。
彼らと久しぶりに会ってみたいなー。
アメリカでの囚人たちの芸術作品を集めた PRISON'S INSIDE ARTという本も
なかなかおもしろいです。カーティス・ナップ著 アスペクト刊
2000年に出版ですから、あまりないかも。
[PR]
by smilycuda | 2008-05-30 20:30 | 音楽 | Comments(0)

ある意味新入り猫

昨日、事務所の1階の倉庫に3匹の子猫を発見。
最近、親猫らしき猫物をよく見かけたのですが、やはりです、
猫も住み場も少なくなる今日このごろ、こういう場所も必要ですかな。
ただし、近所迷惑な場合もあるし、お世話するか悩むところです。
写真は1匹しか写っていません。おまけに事務所猫も
b0137082_982996.jpgb0137082_995943.jpg


過去のアートイベントのお話を少し。
3年前 茨木美術環というアートイベントをいろんな方と協力しながらしましたが、
僕は、近所の商店街の空き店舗でカフェをしました。
茨木は、隠れキリシタンが、いたところですが、あまり知られていません、
ということで、キリシタンカフェをすることに、その時制作したザビエルと僕の合成です。
b0137082_9201295.jpg

もうひとつは、何年か前に大阪デザイナーズウィークで出品したシェルフ
写真手前のグリーンの物。司会の人に存在すら忘れられ紹介もされなかった悲しき作品。
写真奥 これは知人のデザイナーが中心になっておこした リマテリアルイベント
布巾をつくる会社であまった布で何かをつくること。
僕は、チュチュを作った、ディアギレフの時代というか、1920年台のロシア構成主義を、
少し意識した。
b0137082_935272.jpgb0137082_936644.jpg

[PR]
by smilycuda | 2008-05-29 09:39 | 日常 | Comments(3)

森村泰昌さん

昨日は、国立国際美術館に行った、液晶絵画という作品展である。
森村泰昌さんやブライアン・イーノ やなぎ みわさんらの作品が、液晶画面で
表現されている。ブライアン・イーノは、相変わらずブライアン・イーノな感じであった、
森村さんの作品は液晶画面に装飾的な額縁をつけた作品で、絵画が少しずつ動いて
いく感じは面白く感じた。しかし液晶は、きれいすぎて反対に現実離れしているように、
感じて怖い。この日は、森村さんの講演もあったので、行ったのであるが、すでに
整理券はなくなっていた、森村さん人気はすごいな!去年 金沢21世紀美術館での、
森村さんの作品作りのお手伝いをさせていただいた関係上、かってに親近感もって
行きましたが、あまかった。あきらめて美術館のカフェでビール・・・・そして歩いて
JR福島駅付近へ・・・ハッピーキャットでビール・・・カモメでビール。常連のKさんの
少し銀河系の方まで、ぶっとんだ話しを聞く。
b0137082_10514555.jpg


そして昨日は、神奈川葉山の林工務店の林さんから、久しぶりの電話があった。
数年前 東京で住宅を設計した時に工事をしてもらってからのお付き合いです。
普段は、社寺建築のく工事をされているだけあて腕はいいですよ!
電話の内容は、葉山で焼肉屋さんの改装があるので、デザインお願いできますか?
ありがとうございますとひきうけました。
葉山は去年、僕の事務所でライブをしてもらったEPOさんも住んでいる。
もし時間があえば、会いに行こうかな。

話しは変わりまして・・・・最近 身の回りの物が増えすぎた、少し処分しよかなと
思っとります。ギプソンのレスポール DVD・・・映画パリ・ジュテーム とか映画作品
AAR CUDAのラジコン それと自宅とか・・・・まあ誰も買わないと思いますけど。
 
[PR]
by smilycuda | 2008-05-25 11:26 | 美術 | Comments(4)

WARREN ZEVON

最近 ウォレン ジヴォンを時々聴くようになった。
70年代レコードを持っていたが、その時は、いまいちピンとこなかった。
数年前 久しぶりに聴いてみると、僕自身の感覚が違っていた、それから何枚か聴き出したが、
彼は、2003年に亡くなっていたのである、2003年にリリースした最後のアルバム
「The Wind」には、俳優のビリー・ボブ・ソートンやライ・クーダー ドン・ヘンリーらが、参加
している。この様子は、Inside Out:Warren Zevon というタイトルでDVDにも、なっている。
僕自身、英語は、あんまり理解できないですが、詩が、いいなと思うのです。映像の中で最後に
唄われる曲の前に、彼は言います「僕は早春の花よりはやく色あせる」
その曲は Keep Me In Your Heart という曲ですが、いい曲です。
YouTubeのこちらで聴けます

話し変わりまして6月1日鈴鹿ストリートカーナショナルというイベントにCUDA出展いたします、鈴鹿のキャンプ場でいろいろな車が見れてお店もあります、僕たちは、車のまわりで、
バーベキューしておりますので、遊びに来てください。しかし遠いですね!

 
[PR]
by smilycuda | 2008-05-22 21:22 | 音楽 | Comments(5)

大阪の女

先日 日本映画チャンネルで「大阪の女」という映画を見た。
昭和33年の映画で新世界近くの芸人達が住む町での物語。
役者さんは、中村鴈治郎 京マチ子 平和ラッパ ミス ハワイ かしまし娘など
事件は、いろいろ起こりますが、なにかほほえましい物語でした。
平和ラッパて久しぶりにみましたが、今あんな人おりません。インパクト大。
それと中村鴈治郎のしゃべりがいいです、きれいな関西弁で・・・・・最近あまり
聞かなくなりましたね。
昔の女優さんで、浪花千栄子さんておられましたが、あの人の言葉もきれいでした。
2年ぐらい前に買った古本で 「水のように」   この本は、浪花千栄子さんが、
書かれた自伝的な本です、これを読むと、まだまだ勉強しなあかんなーと思うのです。
この人は、京都の嵐山で料理屋さんをされてました、幼少のころ父につれていかれ、
一度だけ、会った記憶があります、子供心にすごく緊張したことをおぼえています。
この本を買った本屋さんは、大阪 天神橋6丁目の ワイルドバンチというお店。
基本的には古本屋さんですが、映画関係の本が多くたまにライブや展覧会もされてます。
お酒や珈琲もいただけますよ。
もう1人好きな関西人は、随筆家の岡部伊都子さん 最近亡くなられとても残念でしたが、
この人の文章も、上品で素敵でしたねー!数年前まであったフリーペーパーに
花形文化通信というのがありまして、96年の5月号に岡部さんのインタビューが、
載っています、この号には、僕も KOUMUTEN橋本というペンネームで文章
書いておりました。同じ紙面に載れてとてもうれしかったのを思い出しました。

こないだ呑みすぎて朝4時すぎに目が覚めた、ちょうど夜と朝のあいだの時間帯
空がとても美しかったので携帯で撮影。電線写ってます。
b0137082_20205464.jpg

夜と朝の間に  ピーターの歌思い出しました。古い。
[PR]
by smilycuda | 2008-05-20 20:29 | 映画 | Comments(4)

猫の時間

大阪 天満に猫カフェ 猫の時間がある、その隣のスペースにHOLLY LANDという
バーを数年前にデザインしました。この猫の時間 日本で初めて作った猫カフェ
らしいですけど、僕はあんまり行ってません。なんか、あの静寂が苦手です、
みんなが、猫を見ながら癒されてるあの感じが。といいながら猫好きですが。
僕の事務所猫の、玉井と杉本そして家の猫、黒木とトロヨもこのお店の出身や
紹介で来た猫です、お店の小雪とうちの玉井は、兄弟です。
僕の事務所も今のところ来年ぐらいに立ち退きになりそうな感じなので、
いろいろイベント計画中であります。一階で家具屋さん兼バー2階で猫カフェ
事務所には、今2匹しかいないので、とりあえず新入り1匹・・・・写真参照
ぱっとみーわかりません。黒いのが、玉井です。
それと蔵書が、増えたのでみんなに本を見ながら飲んだりしてもらおうかな!

b0137082_1013620.jpg

[PR]
by smilycuda | 2008-05-17 10:06 | 日常 | Comments(2)

レオン ラッセル

昨日 レオン ラッセルのライブに、行った。本当はリオンらしいですが。
1973年の初来日から、ずっと行っていますが何回目でしょうか?
厚生年金会館 サンケイホール アムホール ブルーノート クアトロ ビルボードという
場所でライブしてきたと思います。初来日時は、僕もまだ中学生、赤のスイングトップを
着てスリムジーンズを穿き前から4番目のシートで見たのを思い出す。
ギターは、元スミス パーキンス スミスのウェイン パーキンスでしたあの時は、
ドン プレストンに来てほしかったなと思ってましたが、最近買ったダニエル ムーアの
アルバムにドン プレストンの名前を見つけて 懐かしかったです。そうそう昨日の
ギタリストは、サウンドがドンに似ていました。もう1人 昨日のメンバーで注目は、
盲目のキーボードの人がいました。いい感じのサウンドをだしていました。
昨日は、一曲目は、いきなりカウントなしでデルタレディーから始まる、
この曲は、その当時 付き合ってたリタ クーリッジのことを歌った曲ですが、
前日のビルボードは、リタ クーリッジが出演していました、久しぶりの再会は、
あったのか?
ブルージーな曲が多かったです昨日は
スイート リトル エンジェル
フーチー クーチー マン
カモン イン マイ キッチン この曲はバングラディッシュのリハーサルで演奏してました。
あと ディランの激しい雨が降る  など
最後はジェリーりールイス調のロックンロールで終わる。レオンは彼のバッキングメンバーでも
あった、60年代に。b0137082_12101771.jpg

本物
b0137082_12122718.jpg

ニセモノ
[PR]
by smilycuda | 2008-05-15 12:14 | 音楽 | Comments(5)

ウェルビー号

新緑が、美しい季節になりました。
愛車で、少しツーリングに行くことにした。
久しぶりにウェルビー号をガレージから出してみる。
b0137082_1805924.jpg

解説してみよう 
ウェルビー号とは受注生産の自転車で、
お米屋さんとか豆腐屋さんが使っている自転車である。
積載重量により3種類のタイプがある。
小運搬車、中運搬車、大運搬車がありそれぞれタイヤのサイズが違い、
大運搬車は100キロまで積めるようタイヤもかなり大きく、
横から見ると前輪との差がよくわかる。
まるでホットロッドの車のようである。
僕は、大運搬車タイプを所有しておりますが、デザイン重視のため荷台は、外している。
色はブリティシュグリーン まるでジャガーのようである。
ベルは、スポークに当たりながら鳴らすタイプで音色も美しい。
今度は、オフロードをカウンターをあてながら走ってみたい。
b0137082_1814667.jpg
[PR]
by smilycuda | 2008-05-14 20:39 | 日常 | Comments(3)

HOWLIN' WOLFとセッション


[PR]
by smilycuda | 2008-05-12 20:48 | 音楽 | Comments(8)

ゼア ウィル ビー ブラッド

映画 ゼア ウィル ビー ブラッドを見た。石油王の破滅的人生を描いた映画です。
主演のダニエル・デイ=ルイスも、なかなかよかったのですが、「リトル ミス サンシャイン」に出演してた、牧師役のポール・ダノが、味のある演技であった。
この映画を見てると、ジェームス ディーンのジャイアンツて映画を、思い出した。
同じ石油をテーマにした物語である。
後で解説を読むと、撮影も同じ場所でされているそうです。
背景は、20世紀初頭のカルフォルニアでの石油産業の腐敗と搾取を暴いた物語。
2時間38分の長さは、あまり感じなかったが、ずしりと重みも感じなかった。
音楽はレディオヘッドのジョニー・グリーンウッド。 
なかなかダイナミックかつ繊細な表現でよかった。
次回は、もう少し軽めの映画を見よう、終わってからニコニコ堂になれるような映画。

先週 舞台美術を勉強中の女性が、事務所に遊びに来た。
ロンドンで舞台美術を学び日本で仕事を探しているらしいのですが、なかなかみつからず、
どなたか、ご紹介をと、来られました。作品を見せてもらいましたが、おもしろい作品があり
興味ぶかく見せてもらった。僕の好きな作家のXENIA HAUSNERに通じるものがありました。
b0137082_19283985.jpg

[PR]
by smilycuda | 2008-05-12 19:36 | 映画 | Comments(0)