大崎茂芳さん

「クモはなぜ糸から落ちないのか」
という本を書かれた大崎茂芳さんのお話を中ノ島のHとり君の事務所に聞きに行った。
クモの巣の構造や習性などいろいろ興味深い話であった。
コラーゲンの研究もされていて中公新書から出版されてるみたいです。
実家で以前 クモの子供の団体を見て鳥肌たちましたが・・・・
事務所もいっぱいいますが、小さな虫とはちあわせたクモが、にらみ合った
瞬間 パットとびかかったのを見た時 オーーと思いました。
クモの糸を集めてハンモックを吊るし人が、乗っているのはびっくりしました。
それとクモの糸は二本構造なっているのは、知りませんでした。
粘着性は横糸しかないらしいです。
昔の映画で「ハエ男の恐怖」を思い出す。
顔だけ人間のハエが、クモの巣にひっかかリ「助けてくれーー助けてくれーーー」
て叫んで「わーーー」て気持ち悪いとおじいさんに石で殺されます。
その事務所の階段
b0137082_9551484.jpg


b0137082_9555287.jpg


近所の国立国際美術館
b0137082_9564586.jpg


b0137082_9571047.jpg


[PR]
by smilycuda | 2008-10-16 09:58 | 日常 | Comments(12)
Commented by cucchi3141 at 2008-10-16 11:31
『The Fly』ですよね。リメイクしか観ていないのでオリジナルが観たいです。
でもトビー・フーパーが好きな私。
Commented by musk at 2008-10-16 16:28 x
私も昔、実家でクモの子供の団体に遭遇経験あります。

数日前から子持ち母クモいてるなぁーと思っていたら、ある日、和室一面
ぶぁーって。

兄と一緒に掃除機で吸いました。笑
Commented by smilycuda at 2008-10-16 16:52
cucchiさん
オリジナルは、モノクロでリメイクより面白いと思います。
トビー・フーバーといいますと髪の毛が逆立ってるイメージが。
Commented by smilycuda at 2008-10-16 16:54
muskさん
家蜘蛛もこわいです、あの足の長いでかいやつ。
掃除機で吸うて中で繁殖してそうで怖いです。
Commented by musk at 2008-10-16 17:09 x
田舎なんで、よー居てました。
デッカいクモ、その他。
寝る前、見つけてしまったら終わりです。
所在確認しながら寝てました。

たまに居てるはずの場所から動いていたりします。
敏速です、彼。
一瞬です、彼女。
Commented by smilycuda at 2008-10-16 18:14
muskさん
あの さささーーーて動くのが、苦手です。
事務所でも上から糸で降りてくるのですが、息おもっきり吹いて
向こうにやります。
Commented by musk at 2008-10-16 19:42 x
おもっきり吹きすぎたら戻ってきますよ。笑。

実家の庭木に、ジョロウクモ?よーけ居てました。
今思えば
無法地帯です。

おじいちゃんに怖いし、のけて言うたら、飼ってんねんいうて。笑。
Commented by smilycuda at 2008-10-17 09:21
muskさん
吸うたらいやですね。
実家には、どじょう・食用カエル・蛇・いろいろいてました。
まあ・・・だいぶ前ですけど。
おじいちゃん 飼育委員ですね。
Commented by musk at 2008-10-17 09:59 x
吸飲だいぶいやです。

飼育委員長、
今日着たシャツ、明日は裏返して着ます。

だいぶいやです。
Commented by smilycuda at 2008-10-17 10:34
muskさん
リバーシブル人生ですね!
多分 裏表なくなる人格になると思います。
Commented by 七こ。 at 2008-10-18 01:11 x
虫や動物etc・・、から知り得るミクロの世界はやっぱりとんでもないもののようですね!

ひとは何でも自分の手に入れようとしがちだから毒のある生き物は貴重だと思ったり思わんかったり・・(笑)
Commented by smilycuda at 2008-10-18 09:23
七こさん
虫すごいです。
好きじゃあないですけど。
<< 猫の時間 2  その4 大貫妙子さん >>