京都へ

もう17年くらい前
京都嵐山 「湯豆腐 嵯峨野」に行った。
久しぶりに行きました。
設計 村野 藤吾
元は昭和32年に建てられた大阪市 道頓堀近く旅館 富田屋
昭和38年に嵐山に移築
b0137082_12325715.jpg


照明器具・スイッチプレート・空調関係・・・残念な結果になってますが
最近 村野さんの建築がなくなっていっているので・・現存しているのが嬉しいです。

同じく京都 北村邸
設計 吉田 五十八
和室の庭 洋室の関係性が面白い
洋室のプロポーションが気になりますが・・・
b0137082_1242567.jpg


内部は撮影不可


実家の整理
父が栗本建設に勤めていた昭和19年の現場写真
どこかの駅のようです。

b0137082_12454887.jpg



古本屋で買いました。
父が生まれた頃の時代を知りたくて
野上 彌生子「震災前後」
b0137082_12525926.jpg


父は大正13年生まれだったので・・・。
[PR]
by smilycuda | 2011-05-23 12:56 | 建築 | Comments(4)
Commented by cucchi3143 at 2011-05-23 16:50 x
先日、母校近くに用事があって通りの反対側から村野藤吾先生設計の校舎を眺めようと・・・
スロープの奥にまだあるような・・・夜でしたので・・・解体完了はこの4月とありますが。
私が通ったキャンパス周辺は30数年前とガラリと変わって、昔好きだった女子生徒の下宿はこのへんだったなあ・・・と
ところが淡い想い出が甦る手がかりが何も残っていませんでした。。。(〃_ _)σ∥
SNさんのところは大変そうです。私のところは昭和2年生まれですが認知が出てきています(; ̄ー ̄川
Commented by amica at 2011-05-23 23:39 x
京都には貴重な建築物が残ってるんですね、
そういうのを探訪する旅、行ってみたいです。
Commented by smilycuda at 2011-05-24 09:12
cucchiさん
母校・・早稲田大学でしょうか?村野さんの設計・・文学部?壊されているのでしょうか?ショックだなあ。雰囲気のある建築 減りましたね。
下宿もあまりないような・・。みなさん・・大変なのですね・・お家。
Commented by smilycuda at 2011-05-24 09:13
amicaさん
僕も 勉強不足で・・もっと見に行かないと・・。
日本の各地に行ってみたいです。
<< 20年前の商店建築 放射能の雨 >>