京都の現場 多分4

昨日は、雨の中 京都の住宅の見学会でした。
合掌さんによる構造の説明がありました。
1階の壁の少ない所は、合成柱と合成梁で構成しています。
b0137082_14373993.jpg


間柱のホゾは、土台まであります、横から樫の栓を入れます。
b0137082_14442971.jpg


事務所の下で 母猫が生んだ子猫達は、元気そうです。
野良さんなので警戒されます。
b0137082_14461520.jpg


知り合いのアーティストのユン・ヒヒャンさんが、作品集を送ってくれた。
いいタイトルです。
b0137082_1585057.jpg

[PR]
by smilycuda | 2009-05-18 15:10 | 建築 | Comments(2)
Commented by cucchi3141 at 2009-05-18 16:25
仔猫を産んでいたのですね。
カリカリ餌のようなので離乳期を過ぎ・・・生後40~50日くらいでしょうか。
その昔に「クッチ」という名前の雄猫をまだ眼が開かない頃から哺乳瓶で育てたのですよ。
Commented by smilycuda at 2009-05-18 16:44
cucchiさん
僕も哺乳瓶で育てたことありますが、やはり母猫からの母乳では
なかったので抵抗力がなく体が、弱かったです。
<< ほのぼの一家 京都の現場 >>